HONDA RS250RW (1985)

1985年、F・スペンサーのライディングでWGP250ccクラスチャンピオンに。

250ccクラスでも強さを発揮したスペンサー

クラス最強と言われた心臓部
77ps/11700rpm(推定)を発生

 ホンダコレクションホールに展示されているRS250RW。
レストアされているために細部が実戦仕様と異なる。
(2007年12月撮影)

 1985年、F・スペンサーのライディングによってWGP250ccクラスにおいてチャンピオンに輝いたマシン。
 WGPではフレディーにのみ与えられたスペシャルマシンで、同年の他のホンダワークスライダーと同じRS250RWと言う名前でも中身はまったく別物と言っていいマシンであった。
 500ccワークスマシンであるNSR500を1/2にしたようなマシンで、実際にシリンダーやピストンなどはNSR500と共通で500のパーツの先行開発を兼ねていたと言われている。
 それゆえ製作された台数も少なく、フレディー用に2台、全日本選手権を闘う小林大と阿部孝夫用にそれぞれ1台づつの計4台だけだという記述もある。
 その乗り味は当時のGP250マシンよりもGP500マシンに近く、これはGP500とのダブルエントリーをしていたフレディーに合わせたものであったと推測される。
 アルミツインスパーフレーム(ULF/ウルトラライトフレーム)・V90度2気筒・クランクケースリードバルブと言う構成は後のNSR250に引き継がれ、ホンダGP250マシンの基礎を気付き上げたマシンであった。
 その基本構成は1992年型NSR250が登場するまで変わらず使われるなど非常に優れたものであった。

Back

 

Bikemodel

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー