モデラーな日々

Vol.21  第20回 チームオーバーレブ展示会


 和歌山にある模型サークルの中でも有名なのが「チームオーバーレブ」。
 車の模型好きが集まって出来たと言うサークルです。
 そのチームオーバーレブは年に一回、作品展示会を行っています。
 今年も11月23日、24日の両日に行われていたので行ってきました。
 今回はそのレポートです。

まずは会場の様子から。
写真で見ると人が少なそうに見えますが、実際には結構な盛況ぶりでした。
家族連れやカップルなんかも多く、年齢層も幅広かったです。

会場の一角では製作体験なども行ってました。
主にお子様向けだと思われますが、そういう底辺拡大の努力も行ってます。

 

 今回の展示会のテーマは「劇中車」。
 と言うコトで、映画やTVなどに出てきた車がテーマになってます。
 思わず「あったあった!」などと声を上げながら見てしまいました。(^_^;)

懐かしい「MADMAX」。
1と2でこれだけ車に変化があったんですね〜。
ボンネットからはみ出たエンジンが懐かしい。(^_^)

「マトリックス」に出てくる車とバイク。
そういやDUCATIは916かと思いきやきっちりと996になってます。
・・・ってデカールの数字を張り替えただけ!?(^_^;)
フィギアも展示してあったので世界観が出てましたね。(^_^)

ターミネーターに出てくるハーレーダヴィッドソン。
特に改造もしてないバイクモデルのようですがシュワちゃんフィギュアが隣にいれば立派に劇中車です。(^_^)
それにしても1/6はやっぱ迫力ありますね〜。(^_^)

マッハGoGoGo!!のマッハ号。
子供心にカッコいいと思った車ですが、今見てもカッコいいです♪
ちょっと作ってみたくなりました。(^_^)

バットマンのバットモービル。
何種類かありましたが、これが1番イカツかった。(笑)
ロングノーズ具合がたまりません。(^_^)

頭文字DのAE86トレノ。
マンガの中では夜中にバトルしてるんでリトラクタブルライトは開けて欲しかった・・・ってのはマニア過ぎますか!?(^_^;)

ウルトラ警備隊のポインター。(だったと思います。違ったらスンマセン。。。)
意外とシンプルな形だったんですね〜。

60セカンズのムスタング。
映画観ててカッコいいと思って作ってみたいと思った1台でした。
やっぱカッコいいですね〜♪(^_^)

 

 もちろんテーマにそった作品ばかりではありません。
 車中心のサークルだけに車の作品は数多く。
 しかもバラエティーに富んでます。
 その中から気になった何台かをピックアップ。

で、最初に痛車かい!(^_^;)
最近巷で密かに流行ってる・・・らしい。
周りに置かれた水着のオネーチャンフィギュアがさらに痛さを増してます。(^_^;)

これまた最近盛り上がりをみせるトラックモデル。
派手に飾り立てたデコトラもいいですが、こういったシンプルなトラックもいいですね。
またこういう情景がすごく似合う車でもあります。(^_^)

ガレージ(ピット?)を再現したディオラマ。
車単体もいいですがこういう飾り方もいいですね〜。
小物もしっかり作り込まれてました。

ポルシェ917。
実車写真が載った冊子と一緒に展示してました。
’70’sをらしいマシンで好きな1台です。(^_^)

スーパーカーと言えば定番のフェラーリ。
やはりカッコいい♪(^_^)

エンツオ・フェラーリ。
以前マッハ号カラーに仕立て上げられた作品がありましたが、やはりレッドが良く似合います。(^_^)

日本が世界に誇るスーパーカー。
日産GTーR。
これはタミヤのキットでしょうか?

忘れちゃいけない4ドアセダン。
スポーツカーだけが車じゃありません。(^_^)
でもちょっと組関係車に見えるのは私だけ!?(^_^;)

カーモデルと言えば、忘れちゃいけないフォーミュラマシン。
やはり定番はフェラーリ。
126C2・・・なのかな?
実はF-1は良く判らないので間違ってるかも・・・。(^_^;)
この時代のF-1マシンの雰囲気って結構好きなんですけどね。(^_^)

これは何のマシンなのかまったく判りません。(^_^;)
ただ単にキレイな色で模型映えしてるなぁと思って撮ってたんで。。。(^_^;)
鮮やかなイエローが目を引いた作品でした。(^_^)

高橋国光のマシン。
汚しも入っててすごくリアルでした。
キレイな仕上げの作品が多い中でこういった汚し塗装をする作品はすごく新鮮でしたね。(^_^)
もちろん汚し塗装が入ってるだけで作品自体はキッチリとした仕上がりでした。(^_^)

オーバーレブバイク担当(笑)まこちゃんの作品。
1番手前のGPZ400はモデラーGP2008の参加作品。
’80’sの市販車が並ぶとカッコいいですね♪(^_^)

こちらもまこちゃんの作品。
'98NSR500と'01YZR500。
どちらもマックス・ビアッジのマシンです。
・・・マックスファンだったっけ!?(^_^;)

モデラーGP2008参加作品のカワサキGPZー400R。
素組みですが、とても丁寧に作られた作品です。
やはり素組みにこだわるだけのことはある!?(^_^)

もひとつ特大画像で。
バイクモデルはえこひいきです。(^_^;)

ホンダVFR750R(RC30)とヤマハFZR750R(OW01)です。
どちらもTT-F1のリアルレプリカとして'80's後半を代表する名車です。
作りが丁寧なので見ていて気持ちがいいです♪(^_^)

 キャラ物の作品も展示されてます。
 とは言え、やはり車中心のサークルですので数は少なめですけどね。(^_^;)

ガンダム各種。(笑)
ダブルゼータ以降のガンダムはさっぱり判りません。。。(^_^;)

個人的にファンであるK氏の武者ガンダム。
作りが凝ってます。
塗装が凝ってます。
ネタが凝ってます。(笑)
一目で「K氏の作品だ!」と分かる作風を持ってるのは羨ましいです。(^_^)
弟子にして欲しいくらいです。(^_^)

スターウォーズのメカ。
名前は失念しました。。。(^_^;)
作品は大きかったので迫力満点でした。

ガウ攻撃空母。
シンプルな作りですが、意外といい感じでした。
こういうさらっとした作風もいいですね〜。(^_^)

 

 ミリタリー物も多数。
 メジャーな戦車とかしか知らないので良く分からないのですが、作品のレベルが高いので見てるだけでも楽しいです。(^_^)

迷彩色がすごく気になった作品。
兵士の人形があると臨場感が出ますね。(^_^)

こちらも塗装がすごく好きな作品です。
こう言う風にダイノラマにするとさらに作品が映えますね。(^_^)

これはエイブラムスですね。
直線的なラインが好きな戦車です。

戦艦金剛。
製作者の方は1/350を初めて作ったとのことですが、基本スキルが高いと初めてでもこれだけ作れるんですね〜。
メーカーの完成見本のような丁寧な作りが印象的でした。(^_^)

艦橋部分をアップ。
もっとアップにしても大丈夫なだけのクオリティーでした。(^_^)
一度チャレンジしてみたいジャンルなんですが、完成後の置き場所を考えると・・・。(^_^;)

 

 一風変わった模型も数多くありました。
 そんな中から気になった作品を紹介します。

恐竜〜♪
タミヤから出てたんですね。
あるのは知ってましたが、実際に完成品を見たのは初めてでした。(^_^)

箱庭シリーズ。
草の部分は本物の草です。
展示会に合わせて種を蒔いたそうです。
これ枯れちゃったらどうするんでしょ?(^_^;)

アポロ・サターンロケット。
なにげにビックサイズです。
こういう模型も面白そうですね。(^_^)

お宝模型の展示。
『国産プラモデル誕生 50周年』ということでサークル員さんが持っている貴重な模型の展示がされてました。
懐かしかったり、驚きだったり、完成作品を見るのと同じくらい楽しかったです。(^_^)
贅沢を言えば中身を見たかったなぁ。。。(^_^;)

 

  地元の老舗模型店である和歌山模型がバックアップしているだけあって、タミヤなどのメーカーからの協賛も受けています。
 今回はフジミから企画担当者、タミヤから設計担当者が駆けつけるなど、一般モデラーには縁のないメーカーの人と話せる機会もありました。(残念ながら私は話せなかったのですが。。。苦笑)
 あとキットが当たる抽選会などがありました。
 プラモデルを楽しむ人なら絶対に楽しめる展示会だと思います。

 他にもたくさんの作品が展示されていました。
 全部紹介してると膨大な写真の量になるので省略しますが・・・。(^_^;)
 作品にはそれぞれ製作者の個性が出ています。
 展示会の作品を見ることで参考になることも多々ありますし、作者さんが会場にいる場合は直接色々とお話を聞けるので、勉強になることも多いです。(^_^)
 毎年、この展示会に来て思うコトは「やはり模型は完成させなきゃ!」ってコトですね。
 展示されてる作品ほどレベルが上がれば言うコトはないですが、とにかく完成させないと誰かに見せる事も出来ませんし・・・。(^_^;)
 この展示会ではカーモデル中心とは言えジャンルが多岐にわたっているので、バイクモデル以外の作品を作りたい衝動に駆られます。
 いつまでも続けて欲しい展示会です。(^_^)

 


Diary

Model

Home
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー