モデラーな日々

Vol.24  静岡ホビーショー 2009 前編 モデラーズ合同展示会


 5月16日・17日に静岡市で行われた静岡ホビーショーに行ってきました。
 静岡ホビーショーに出撃するのは今回が初めてでした。
 一般公開日の2日間、たっぷり楽しんできました♪(^_^)
 初日はホビーショーのメイン会場でモデラーズ合同展示会とメーカーブース探索を中心に、2日目はタミヤ本社見学を中心に見て回りました。
 またしてもフォトレポート形式なので、ムダに写真が多いので前後編に分けてます。
 まずは合同展示会で気になった作品など。。。

まずはモデラーGP参加者作品が並ぶPROJECT−Fのブースへ。
これはMAXさんのGP8ニッキーテスト仕様。
このカラーリング結構好きなんですが、塗分けが面倒くさそう。(^_^;)

 

かわぴーさんのVF750Fインターセプター。
昨年のモデラーGPでも入賞した作品です。
かわぴーさんはかなりバイクを判ってらっしゃる方なので、ひとつひとつのパーツに説得力があります。
キレイなだけでは出てこない雰囲気があるので好きな作風です。(^_^)

 

くろすぴーさんのGSXーR1000。
ミニチャンプスの完成品がベースなんですが、カウルの塗装にミニチャンプスの面影などありません。(^_^)
やっぱ技術を持った人が仕上げれば、見えるようになるモンなんですね〜。

 

こちらもくろすぴーさんの作品
’82ヨシムラ刀と’80ヨシムラGS1000。
昨年と一昨年のモデラーGPの作品。
くろすぴーさんの作品はとにかくキレイ。
あっちこっちイジってるのに、そう感じさせないまとまりがあります。

 

ねこぱんちさんのスーパーカブ。
これはもう「だまってオカモチを見ろ!!」と言いたいです。(笑)
カブ本体も細かなところまで手が入っていてさすがの出来なんですが、オカモチのこだわりがスゴイ!!
ダンパーのジャバラひとつひとつの幅まで変えてるこだわりよう。(^_^)
ご本人曰く「オカモチを作りたかった。」・・・のだそうで、カブはオマケらしいです。
っても、もちろんカブの出来も超ハイレベルです。
ヘッドライトとテールランプが光るギミックを盛り込むなど、遊び心も満載です。(^_^)

 

こちらもねこぱんちさんの作品。
昨年、一昨年のモデラーGP優勝作品。
数々のバイクモデラーの目標でもある作品です。(^_^)

後ろにはさりげな〜く私が持ち込んだモリワキZERO−X7が置いてあったりします。(^_^)

 

こちらは昨年のモデラーGPで入賞したドーハンさんのドカティGP7。
これでもか!!・・・と言わんばかりのディテールアップです。
何度見ても凄いですね。(^_^)

 

こちらはKAZさんの作品。
もちろん、全部1人で製作です。
もしかしたらタミヤワークスよりも隼を作ってるのではないか?と思わせる数です。(^_^)
密かにNSで対抗出来ないか!?とか思ってしまった私でした。(^_^;)

 

atsumiさんのZX-RR。
HSに向けて製作された新作です。
時間がなくて細かい作り込みなんかを省略したとはご本人の談ですが、いやいや、さすがに充分以上の出来映えです♪(^_^)

 

こちらは他のサークルブースで見つけたアプリリア。
WF以外で完成品を見る機会がなかったので新鮮でした。(^_^)

 

1/6バイクによるダイオラマ。
カフェレーサーの出来映えもさることながら、この背景の雰囲気がすごく良かったです。
やっぱセンスですよね〜。(^_^)

 

同じブースに置かれていたデニムで覆われた車。
インパクトはあります。
ただ、意味が良く判らないのも事実ですが。。。(^_^;)

 

地元和歌山の飛行機模型サークル、「和歌山ノンフライトクラブ」も出展してました。
あいにく知り合いが来てなかったようなので、(・・・と言うか、この時はテーブルに誰もいなかったんですが。。。(^_^;))お話しを伺うことが出来なかったのですが、同郷のサークルがこういうイベントに参加してると嬉しいもんです♪(^_^)

 

レシプロ機がこれだけ並ぶと気持ちいいです。(^_^)
ジェット機とは違う味を感じてしまいます。

 

こちらは総アルミ製のFー86。
部品のほとんどが金属製です。
金属独特の光沢がたまりません。(^_^)

 

宮崎メカばかり展示して合ったブースで。
えっと、これはラム?ラムダ?ラムダス?(^_^;)
四つんばいで歩くのがシグマでしたっけ?
名前はともかく、かなりの大きさで迫力満点でした。(^_^)

 

歴代ガンプラ勢ぞろい。
こうやって並べてみるとかなり違いがありますね〜。
時代の流れってヤツを感じてしまいました。(^_^;)

 

シャア専用ズゴック。
独特の色使いが妙にカッコいいと思った作品です。
どちらかと言えばジョニー・ランデンっぽい色ですね。(^_^)

 

ザクの整備工場ディオラマ。
かなり細かいところまで作り込まれてます。
この作品を見て、昔のガンプラのCMを思い出した人も多いんじゃないでしょうか?(^_^)

 

ザクヘッド大集合。
若干さらし首っぽく見えなくもないですが、これはこれでカッコいいですね。(^_^)

 

懐かしい伝説巨神イデオン。
これに光ファイバー使って全方位ミサイルの再現とかしたなぁ・・・とか思い出しました。(^_^)

 

イデオンメカ大集合。
こうやってみると敵メカが敵メカらしいデザインだな〜と改めて思いますね。
それにしても、イデオンのキットって再販とかしたのかな?

 

3丁目の夕日のディオラマ。
建物の中の再現が凄かったです。
映画のこのシーンの部分がフラッシュバックしてきました。(^_^)

 

こちらは「ぺいんとマイスターズ」さんのブース。
一見するとデカールの貼り込みに見えるんですが、これ全部塗装なんです。
ここまで来ると模型なのかイラストなのか分かりませんが、とにかく凄い塗装技術です。(^_^)S

 

近年、実車でも模型でもブームの痛車。
もう普通車でなくトラックなどでも当たり前。
トラック実車で痛トラックはまだ見たコトないんですけど、あるのかなぁ?(^_^;)

 

え〜っと、痛飛行機?
もはやなんでもありです。(^_^;)
会場には痛空母とか痛自転車とかもありました。
痛電車とかはなかった・・・かな?(^_^;)

 

最近、盛り上がりをみせるトラックモデル。
これだけ並んでるのは滅多に見れません。
単体が大きいだけに並ぶと迫力です。(^_^)

 

こちらはスターウォーズ関連の作品を展示していたサークル。
このXウイングは感動モノでした。(^_^)

 

真剣に作り込まれた作品も見ていて楽しいのですが、その真剣さの中に遊び心を入れた作品も見ていて楽しいモノです。(^_^)
こちらは旧ザクで各種スポーツを表現したもの。
それぞれアスリートが特定されるほど細かい作り込みがされていました。

 

こちらはペーパークラフト。
その出来も素晴らしいのですが、ネタのチョイスがマニア!(^_^)
ガンガルとゲルグって・・・。(^_^;)
ガンプラ第1世代にしか分からんネタですね。(笑)
隅に写っているひこにゃんも気になる存在でした♪

 

こちらはガンプラの腕を使ったドラクエネタ。
なにげに名前のつけ方も分かる人には分かる仕様になってるのが素晴らしい。(^_^)

 

某水陸両用モビルスーツを使ったガチャピンとムック。
そうきたか!!ってカンジでした。(^_^)
ムックの毛むくじゃらの表現とかあごの表現とかがかなり凝ってます。
もうこのMSは今後ガチャピンとムックにしか見えないですね。(^_^;)

 

石坂浩二率いるサークル「ろうがんず」。
こういう有名人が模型好きを前面に押し出してくれるのは有り難い事です。

 


シャーシ部分はハンドル切ったらステアリングが切ます。
ドライブシャフトを回すとアクスルが回ります。
それだけも驚いたのですが、さらにエンジン部分がドライブシャフト側からクランク回せばピストンが上下しちゃうんです!!(≧∇≦)
もはや模型の枠超えてます。
思わず「頭悪いんですか!?」と作者さんに言ってしまいました。(笑)
世の中の広さを実感した作品でもありました。(^_^)

 ・・・と、まあ、こんなカンジでサークルブースを見てきました。
 他にも気になったものはあったんですが、取り上げてるとホントにキリが無いので。。。(^_^;)
 次回はメーカーブースを中心に更新の予定です。(^_^)

モデラーな日々Vol.25へ続く。

 


Diary

Model

Home

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー