モデラーな日々

Vol.35  第25回 チームオーバーレブ展示会


 和歌山にある模型サークルの中でも有名なのが「チームオーバーレブ」。
 車の模型好きが集まって出来たと言うサークルです。
 そのチームオーバーレブは年に一回、作品展示会を行っています。
 今年も11月24日、25日の両日に行われていたので行ってきました。
 毎年必ず見に行ってる展示会ですが、レポートするのは久し振りですね。(^_^;)

まずは会場の様子から。
展示会は和歌山市和歌浦にある「和歌の浦アートキューブ」で行われました。
3年ほど前からこの会場で行われています。
この会場は3つほどホールがあるのですが、今年はその中でも1番大きなホールを使用していました。
コンサートも出来るホールなので、すごく雰囲気良かったです。(^_^)

基本的にカーモデル中心のクラブというコトもあり、カーモデルはどの作品も高レベル。
ジャンルも市販車からスーパーカー、F-1まで幅広く見応えがあります。(^_^)

こちらはミニ4駆のワイルドウィリー。
元がミニ4駆とは思えない仕上がりで、ディフォルメされたモデルなんですが、すごくカッコ良くて見入ってしまいました。(^_^)

こちらはトミカを改造した作品。
トミカサイズでまさかのチバラギ仕様。
遊び心満載の作品です。(^_^)

有名なタルカフローリオのコーナー。
このコースで勝ったマシンとのコラボです。
こういう情景もカーモデルならでは。

映画「60セカンズ」に出てくるムスタング。
この映画は結構好きで何度か観ていて、このムスタングはグラマラスで好きなんですよね〜。
いつか作ってみたい車です。(^_^)

展示台も凝ってます。
綺麗なカーモデルをさらに引き立たせる名脇役と言えるでしょう。
来年の自分たちの展示会でマネしようと思わず製作者さんに展示台の作り方を聞いてしまいました。(^_^;)

数は少なめですが、バイクモデルも展示されてました。
ロスマンズカラーのモトコンポはネタ的にすごく好きですね。
ウチにあるモリワキのカブと並べてみたいです。(^_^)

ミリタリー関係も充実。
戦車を中心にダイオラマ作品も数多くありました。

ゲストにタミヤ会長がやってくると言うことで、10式戦車の取材時に撮られた写真を再現した作品もありました。
これにはタミヤの会長も「こんなモン作るなよ」と言いつつも嬉しそうでしたね。(^_^)戦車を中心にダイオラマ作品も数多くありました。

ミリタリー・・・なのかキャラになるのか。
「ガールズ&パンツァー」に出てくる戦車が勢ぞろい。
ミリタリーモデルの新しい楽しみ方・・・と言っていいのかな?(^_^;)

キャラクター物は少し少なめでしたが、目を引く作品が多かったです。
特にこのアッグガイは昔のいわゆるモナカキットなのですが、イラストっぽい仕上がりで惹きつけれました。

艦船ジャンルも網羅。
いつか手を出してみたいジャンルではあるので、見ていると作りたくなりますね。

フルスクラッチされたペンシルロケット。
ピンポイント過ぎます。(^_^)
製作者のロケット(というか宇宙技術?)に対する情熱が伝わる作品です。

もちろん飛行機もあります。
今回は大戦機と旅客機を中心にしたラインナップ。
1/72のゼロ戦は私も買っているので作る時の参考にすべくじっくりと観察させてもらいました。(^_^)

 

オーバーレブ展示会の目玉企画(?)でもあるタミヤ会長によるトークショー。
今年で3年連続でのゲスト出演です。
基本的に喋るのは好きなようですが、本当に好きなように喋るので話があっちこっちに飛びまくるので、聞いていて付いて行くのが必死になる場合が多いトークショーです。(^_^)
トークショーが終わった後はサイン会が始まります。
和歌山模型店主との繋がりで来てくれるらしいのですが、毎年、和歌山までわざわざ足を運んでくれるサービス精神には頭が下がります。(^_^)
来年も来てくれるようなので楽しみですね。(^_^)

 

 他にも色々ありましたが、紹介しきれません。(^_^;)

 と言うワケで、久し振りに「チームオーバーレブ」の展示会のレポートでした。
 写真では紹介しきれないほど作品がたくさんあり、かつどれもレベルが高いので見応えのある展示会です。
 地元老舗模型店の和歌山模型がバックアップしているだけあって、タミヤ会長の来場をはじめ、タミヤやフジミからも協賛を受けているので、毎回、抽選で模型が当たるようなイベントがあったり、発売前のキットのテストショットを見れたり・・・など、一般的な展示会に比べるとかなり豪華な展示会だと思います。
 もちろん、ベースである「模型を見る」ことに関しても楽しい展示会です。(^_^)
 毎年、この展示会に来た後は模型製作のモチベーションが上がります。
 近年は私たちも独自に展示会を立ち上げていることもあり、その展示会へ向けての良い刺激にもなっています。
 来年はどんな作品に出会えるか。
 今から楽しみです。(^_^)

 


Diary

Model

Home
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー