モデラーな日々

Vol.48  和歌山プラモデル展示会2017 後編


 「和歌山プラモデル合同展示会2017」
 後編はキャラクターモデル・情景模型・プロ作品・キッズコーナー・その他の作品を紹介します。
 (前編はこちらから)

 

キャラものもガンダムを中心にかなりの数が集まりました。
年々、キャラクターモデルを中心に製作されている人が増えてきてることもあり、展示割合も増えてきました。(^_^)

 

ガンダム関係は一番作品数も多いジャンルです。

今年も様々なガンプラが揃いました。

大スケールならではの作り込みがスゴイ作品や、シリーズで揃えるなど展示コンセプトも様々で見ていて楽しかったです。(^_^)

こちらは素組み無塗装と改修モデルを比較したビフォー・アフター展示。

ガンプラは着色してるから、そんなに変わってないと思い込んでる人には驚きだったようです。(^_^)

 

フィギュア関係もさらに充実。

作品のジャンルも数も増えて、見る楽しみが増えました。

ガルパンも今年はさらにパワーアップしていました。

 

こちらはカリオストロの城の1シーンを再現したダイオラマとフィギュア。

写真では判りにくいですが、パトカーの中には銭形のとっつあんがちゃんと乗ってます。(^_^)

 

旧キットのマクロスとヤマトのシリーズ。

40代には懐かしさでいっぱいの当時物のキットを惜しげもなく使っています。

メカニカルな雰囲気と筆のタッチが残った絵画的な仕上がりが特徴です。(^_^)

もはや、この展示会の名物コーナーと化してきた、野菜屋たろぉさんの作品群。

プラモデルと言うよりは、もはやアートです。(^_^)

お客さんの注目度も高く、また作品のレベルからして、このまま美術館に展示してもおかしくない作品です。

新作を楽しみにしている人も多いようです。(^_^)

今年も模型サークル「ASH」のメンバーによるサークル展示も実施。

ゾイドを中心にメンバーの高レベルな作品が数多く並びました。

 

情景模型は、その作り込みの細かさから、多くのお客さんが見入ってしまうジャンルです。(^_^)

情景の中にどこか懐かしい風景があって、思い出の風景を重ねて見てしまうからでしょうか?(^_^)

 

 

今年もプロモデラーのご厚意で特別展示を実施。

プロならではの精度が高くしっかりと作り込こまれた作品を見るコトが出来ました。
普段、和歌山で雑誌のライターをしてるようなプロの作品を見る機会ってほとんどないので、貴重な機会となっています。(^_^)

 

艦船モデルはプロならではの精密な作りで見る人を魅了。

精密な作りに足を止める人が多数。その存在感は展示会の中でも圧倒的です。(^_^)

ベースの波の形や色などにも、プロならではのこだわりが見られます。

 

こちらは2日目に参加いただいた川原氏の作品。

パーツ精度の高さや作り込みの細かさと言ったところも見どころです。

で、そんな細かい作り込みのカーモデルの隣にまったく毛色の違う作品が・・・。

この振り幅の広さこそ、プロたるゆえんなのかもしれませんね。(^_^)

こちらはプロではありませんが、招致モデラーの作品。
某コンテストで優勝した作品です。

圧倒的な精密感と重量度で見入ってしまうお客さんが続出。

3Dプリンターで出力されたパーツを組み上げたそうなのですが、もはや工業製品のレベルです。(^_^)

実際、そういう工業展にも出展依頼が多いのだとか・・・。
納得ですね。(^_^)

 

今年もキッズコーナーを設置しました。
こちらは中学生以下の方と女性の方に限り作品を募ったのですが、今年もたくさんの作品を持込んで戴きました。

実はこのコーナー、一般の見学者の方に人気の高いコーナーだったりします。(^_^)
プラモデルを楽しんで作ってる感が作品にすごく出てるので、自然とそれを感じ取ってもらえてるのかもしれません。
また展示してくれる子供さんの方も自分の作品を観てもらうのが楽しいようで、自分の作品を一生懸命説明してる姿がほほ笑ましかったりします。(^_^)

ちなみに中学生くらいになると一般の方へ出しても違和感ないくらいレベルが高かったりします。

ここから将来プロモデラーが出るのを期待したいですね。(^_^)

ちなみに今年参加してくれた女性モデラーさんは来年は一般参加をしてくれるとのことで、非常に楽しみです。(^_^)

 他にも色々ありましたが、紹介しきれません。(^_^;)

 この展示会も気が付けば今回で7回目と和歌山の夏の風物詩となりました。
 模型サークルなどの枠ではなく、普段はいち模型ファンであるメンバーが年に1回だけ集まって開催する展示会です。
 ジャンルなどもバラバラのメンバーなので、良い意味で統一感がなく、それぞれの製作者の個性が出て、他の展示会とは違った雰囲気の展示会になっていると思います。(^_^)
 展示会に足を運んでいただいたお客様、本当にありがとうございました!(^_^)
 また、展示会をバックアップしてくれた方々、ポスター貼り・ポストカード配付に御協力戴いた各店舗を経営の皆さま、本当にありがとうございました。(^_^)
 特にキッズコーナーでの景品提供をして頂いた、和歌山模型様、井谷模型コーシの店様、プラローグ様、株式会社ウエーブ様、ホビースペースリンクス様には、厚く御礼申し上げます。(^_^)

 来年以降も10回目開催を目指して続けていきたいと思っています。
 まずは来年に向け、さらにパワーアップした展示会になるようメンバーも今から気合いが入ってます。

 また来年、7月に皆さまのご来場を心よりお待ちしております。(^_^)

 


Diary

Model

Home
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー